胸を大きくする方法とは?

*

胸の大きさと女性らしさ


8729e05ef901824655ca3853901afa5f_s


女優の倉科カナさんや、タレントの小池栄子さんなど、胸の大きな女性は魅力的ですよね。胸は女性のシンボル的な存在であり、これが大きいことが女性らしさを表すと考えている方は少なくないでしょう。

胸の本来の機能は、赤ちゃんへ母乳を飲ませることです。そのためには、実は胸の大小はあまり関係ないのですが、胸が小さい人にとってそれが大きい人はとても羨ましいですよね。

ボディラインがでる服装などをすると、胸の大きな女性は映えます。体のライン、スタイルがとても魅力的に見えるんですよね。胸の大きな女性には、何故かしら母親らしさが感じられて、とても温かみを感じることもあります。

やはり、胸の大きな女性には、傍から見ているととても女性らしさを感じるものなのかもしれません。


適切な睡眠で胸を大きくする方法

胸は母乳の通り道となる乳腺と、皮下脂肪からできています。なので、乳腺と皮下脂肪が発達すれば、胸は大きくすることができます。

胸を大きくする方法としては、一つには睡眠時間や寝る時間帯が関係しています。乳腺を発達させるためにはプロラクチンやプロゲステロン、インスリンなど、実に6種類程のホルモンが関係しています。適切に睡眠がとられなくなると、体内環境が不良となり、これらのホルモン分泌が不十分となって胸が大きくなりません。

胸を大きくする方法をとる時期として最適なのは、10代初~中期の思春期スパートと呼ばれる時期です。この時期に十分な睡眠をとっておくことで、大きな胸を作り出すことができます。


胸の大きな人の悩み


2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s


近年、胸の大きなタレントさん、女優さんが多くなりました。胸の大きさはそのタレント性、セックスシンボル、特徴にもなるだけに、小さいよりは大きいほうが良いといわれるのも無理はないのかもしれません。

しかし、胸が大きい人にだって、悩みはあります。それは一つには肩こり。大きな胸をブラで支えますが、支える肩紐が肩に食い込むことで胸の重さのほとんどが肩にかかります。この肩こり、毎日のことなので、結構しんどいんですよね。

二つ目には、着る服を選んでしまうこと。ウェストや肩幅では絶対入るお洋服なのに、バストサイズで着れなくなってしまう洋服まで出てきてしまうほど。特に、ボディラインが出やすい服装や、伸縮性の低い生地でできたお洋服では、こうなる傾向にあります。


運動で胸を大きくする方法

胸を大きくする方法で運動は使えないでしょうか?胸には、肩のあたりから放射状に広がる筋肉があります。大胸筋といいます。この筋肉を鍛えることで、バストアップが図られる場合があります。

胸を大きくする方法、運動としては、四つ這い姿勢から腕立て伏せのように体を動かす方法が一つ目。このとき、腕を曲げていくときに肘を外側へ曲げていくようにしましょう。

二つ目は、両ひじを胸の前で合わせる方法。両肘を方の高さまで上げた後、肘は90度に曲げます。その肘を胸の前でくっつけるようにしてみましょう。

また、肘の高さを変えることで、使う大胸筋が変化してくるので、胸の底の部分から持ち上げたいときには、ちくびの高さあたりで肘を合わせるようにすると良いでしょう。


記事